社会人女性が出会いをゲットするコツはスキンシップ!?

一口に「社会人」といっても、初めて社会に出た20歳前後の人から、数々の荒波を乗り越えてきたベテランまでさまざまです。

「出会いが欲しいと思っている女性」というと、対象となるのは若い人というイメージがあります。

ただ、「生涯未婚率の増加」が社会問題になるほど注目されている状況を鑑みるに、若年層だけの問題とはいえなくなっています。

明確な理由があり、自分の意思で積極的に恋愛離れを選択しているならまだしも、本心では欲しているにもかかわらず手に入れられていない状態であれば、その状況を解決する手段を知ることが必要です。

男性と比べて女性は「恋が始まるきっかけ」になる武器が多い

たとえば、特に嫌っているわけではない女性から好意的な発言をされた場合、男性は「俺に気があるのかもしれない」と“勘違い”をします。

もちろん確実にということではありませんが、女性に比べて男性は相手を意識し始めるハードルが非常に低く設定してある人がたくさんいます。

それこそ、何の意識もしていなかった女性と「夢の中で恋人になった」という経験をしただけで急に意識するようになります。

仮にその女性が嫌っている人だったとしても、これをきっかけに印象が180度変わってしまうことも珍しくありません。

ただ、自分が好意を寄せている男性の夢をコントロールすることはできませんから、この方法では運頼みになってしまいます。

ここで大切なことは、「男性は簡単なきっかけで恋に落ちる」ということです。

狙って夢に登場することは難しくとも、“日常生活の中で意識させること”はそれほど難しいことではありません。

たとえば、「他の男性よりも少しだけボディタッチを増やす」だけで、その男性が自分のことを強く意識するように仕向けることができます。

付かず離れずを意識して接する

ポイントは、「男性に勘違いさせること」です。

これは明確に「好き」という表現を使う必要はありませんし、特別密接なスキンシップも必要ありません。

「気兼ねなくボディタッチをしてくれる=嫌いではない=好きかもしれない」という具合に、本当に簡単なことできっかけが生まれます。

あとは、近づきすぎず離れすぎず、適度な距離を保ちながら理想の相手が現れるのを待ちましょう。

ただし、日常的に過ごす時間が長い環境(職場など)では注意が必要です。

あまり露骨になると同性からの評価を下げることになってしまい、人間関係を拗らせることがあります。

それを気にしてばかりいたのでは積極的に行動できませんが、とはいえ状況を見ながら適度に行動するように意識しましょう。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

社会人は出会いがないというが、実はそうでもない

NO IMAGE

「社会人サークル」は本当に出会いがあるの?

NO IMAGE

出会いが欲しい社会人におすすめの習い事

NO IMAGE

出会いが欲しい社会人必見!恋活アプリでチャンスが広がる